相手がどんな人か見抜く

お客様のタイプを想像することで、話の仕方が変わります。慣れが必要かもしれませんが、
意識してコールしてみましょう。例えば、みなさんも対面ではじめて会う人には「どんなタイプの人なのか、どんなことに興味がある人なのか」を意識して話題を投げかけると思います。相手が面倒見のよさそうな人であれば、「色々教えてください」というほうが会話はスムーズにいくでしょうし、せっかちそうな人であれば、簡潔に用件だけを話すなど、話し方を変えますよね。
電話口でタイプを見抜くのは難しいのですが、相手をどんなタイプか考えるだけで、自分
アポイントの確率も上がっていくと思います。相手を見抜の架電の幅も広がるでしょうし、
くことを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です