断られる前提でテレアポをする

この章では、テレアポ全般について、総論的なことを述べてきました。しかし、相手から「嫌われること」、「断られること」これらは、どんなに考えて努力しても、変えることはできません。私は10年考え続けていますが、どうやっても変えることはできませんでした。

では、私たちはどうするべきなのでしょうか?それは、相手から「嫌われること」を受け入れ、「断られること」を前提にテレアポをすればいいということです。つまり、考え方を変えるのです。考え方を変えると、自分自身が変わります。また、相手から断られるという前提でテレアポをすると、気持ちがずっとラクになります。

これによって、機械的にテレアポを行なうことができるようになります。ダメだったら次、次とかけ続けることができるようになります。件のテレアポに一喜一憂していると、精神がもちません。断られる前提でテレアポをすると、悩まなくてすむようになります。

なぜなら、これはテレアポしでも断られてよいという考え方であり、極論すると、すべての会社から断られでもかまわない、という考え方だからです。流れ作業で、 100件テレアポしてみてください。何も考えずに、断られる前提でかまいません。そうして、ただ黙々とやり続けていると、見えてくることがあります。

断られた 100件のテレアポのあとには、断られることへの違和感、断られるだけでは物 足りないと考えはじめるようになります。事実、私がそうでした、私はパカみたいに、 10 0件、ところではなく、来る日も来る日も断られるテレアポをしていました。

その結果、ある日、疑問を持ったのです。これでいいのか?でも、どうしていいかわかりませんでした。その答えが、あとから述べる、圧倒的な数の経験から生まれたノウハウです。石器時代の人が、とがった石でモノを切ることがでさることを発見し、それを斧や槍にしていったような、試行錯誤の中から生まれたノウハウです。

このノウハウは、ただのノウハウではありません。発想の原点が、断られるという前提です。すべてを、断られるという前提で組み立てることによって、ノウハウが変わってくるのです。

ポイント

1件のテレアポの結果に一喜一憂しない

➡何も考えず、黙々とやってみる